父の死 2
父は病院から典礼会館へと運ばれ、布団に寝かされました。

父の顔を見ると、まるで寝ているかのようにとても穏やかな顔を

していました。いつものいびきが聞こえてきそうなそんな感じでした。

父は生前、家族葬で身内だけで見送って欲しいと強く望んでいたので、

父の望み通りに家族葬にしました。

15日にお通夜、16日に葬儀になりました。

お通夜の前に主人が子供たちを連れてきました。

棺に入った父を次男が見て「じいちゃん、寝てるの?起こしたらダメなん?」と

言いました。次男に「じいちゃんは今から天国に行くんだよ」と説明しました。

次男が「じゃあ、リッキーに会えるね。リッキーが天国で待ってるからね」と言いました。

リッキーは2年前にガンでなくなった実家の愛犬です。

「そうだね。またリッキーと散歩できるね」と次男に言いました。

遺影の写真は父の優しい笑顔の写真にしました。

兄も、「うん、この写真が一番親父って感じでいい写真だ」と言いました。

いつも自分のことより、人のことばかり心配していた父。
とても優しく、頼りがいのある父。
器用でなんでもこなしてしまう父。
母より料理上手で裁縫もできる父。

典礼会館の担当の方に「お父様はどんな方でしたか?」と聞かれ、

兄妹4人から出た言葉は父のそんないい所ばかり。

悪いところなんてなかったとても優しい自慢の父です。

私達のことをいつも気にかけてくれ、孫たちにもとても優しく接して

くれました。

もっと、もっと親孝行してあげたかった・・・。

そんな後悔ばかり。。。

担当の方と打ち合わせをしたりバタバタしましたが、

お通夜と葬儀が無事に終わり、火葬場に移動しました。

お骨を拾い、兄の子供たちはショックで泣いていました。

お寺さんで初七日の法要を済ませてもらい、典礼会館の方に実家に祭壇を

組み立ててもらいました。

急なことで、バタバタしましたが祭壇の父の写真を見ると涙があふれて

きました。父の死を受け入れるのにまだ時間がかかりそうですが、

泣いてばかりでは父も心配してしまうので前を向いて行こうと思います。

母は、精神的ショックが大きくご飯も喉に通らないようでした。

母を実家の兄と妹に頼み、1時間半かけて家に戻りました。

子供たちは体調を崩し、水曜日に長女が熱を出し、昨日次男と三男が

発熱し、病院に連れて行くと二人とも気管支炎と言われました。

今朝は次男は熱は下がりましたが、咳がひどいので念のためお休み

させました。長女は昨日から学校へ行きました。

早く子供たちが元気になって欲しいです。

父さん、みんなを見守っていてね・・・。


スポンサーサイト
[2017/04/21 10:26 ] | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<参観日&役員決め | ホーム | 父の死 1>>
コメント
こんにちは。
久しぶりに訪問させて頂きましたが、記事を読ませてもらって、びっくりしました。
突然のことで大変でしたね。

優しく尊敬できるお父様だった様で、本当に残念ですね。
でも、みんなに看取ってもらい、感謝されながら最後を迎えられた事は、幸せな事だと思います。

お母様をはじめ、皆様も、精神的なショックや、疲れから体調を崩しやすくなっていると思います。
お子様達も、かなりショックを受けて体調を崩してしまったのでしょうね。
無理もないと思いますが、大事になさって下さい。
また、お母様は一人暮らしになってしまわれたのでしょうか。かなりショックが大きいと思いますので、しばらくは、できる限り、顔を見せてあげて下さいね。

[2017/04/22 00:06] | URL | 森の端材工房 #qbIq4rIg [ 編集 ]
お悔やみ申し上げます。

お子様がほぼ同年代とういうこともあり、
自分のことのように読ませていただき、涙が出ました。

みんなに尊敬されるお父様、素敵なご家族・・・、本当に素敵だなあと感じました。


こちらでは来週から家庭訪問の週が始まり、しばらく4時間授業になります。ゆみさんのところも同じかな?そのあとは連休もありますので、ご家族みなさまゆっくり過ごされてくださいね。
[2017/04/22 16:52] | URL | しお #- [ 編集 ]
森の端材工房さんへ

温かいお言葉ありがとうございます。
本当に大好きな優しい父だったので、家族みんなショックが大きくて・・・。
母は長男の兄と妹が実家で一緒に暮らしているので、兄達に母をお願いしています。

あの後、父が書いた日記が出て来て、まだ字が書ける間だけの日記でしたが、毎日病院に
来てくれる母への感謝の言葉や「みんなの顔を見て元気が出てきた、頑張ろう」とか色々
書いてありました。また涙があふれました。

今はまだ涙が出たり、感情が不安定ですが、父の死を乗り越え笑顔で過ごせるように
頑張っていこうと思います。
[2017/04/22 18:28] | URL | YUMI #- [ 編集 ]
しおさんへ

ありがとうございます。
急な父の死で私達家族は現実を受け入れるのにまだ時間がかかりそうです。
心配性な父だったので、私達のことを心配していることでしょう。
なので、心配させないように私達は前を向いて父の死を乗り越えて行こうと思います。

しおさんと同じくこちらでも来週から家庭訪問が始まりますよ。
子供達は、給食を食べてすぐ帰ってきます。
同じ日に6年の長女・3年の長男・1年の次男の担任の先生が来るのでバタバタしそうです。

[2017/04/22 18:40] | URL | YUMI #- [ 編集 ]
久しぶりに訪問させてもらいました。

悲しいお別れでしたね。
お悔やみ申し上げます。
家族とのお別れというのは本当にね、つらいですよ。
今はいろいろと大変で、まだ気を張ってるところがあると思いますが、ふとしたときにものすごいさみしさや悲しみに襲われるものなんです。(そりゃもう、落とし穴に落ちたかのように…)
それが尊敬されるお父様ならなおさらだと思います。
でも、ちゃんとお別れできてよかった。きっと見守ってくださってますよ。元気出してくださいね、って月並みのこと言いますが、やっぱり…悲しいものは悲しいですよね。
時間ぐすりがゆっくり効いてきますように。
それしかないですよ。
さあや、弟を亡くして2年たちましたが、悲しみは落ち着いたものの、いまだに仏壇に手を合わせることもつらくてなかなかできないんです。
仏さまごめんなさい、という感じです。

お子さまたちと元気に過ごしていくことが一番の供養だと思って頑張ってくださいね!
[2017/04/23 02:24] | URL | さあや #- [ 編集 ]
さあやさんへ

ありがとうございます。
子供のことでバタバタ忙しくしている間は、気が紛れていいのですが、
子供達が寝静まってから、突然悲しい気持ちに襲われ涙が出てきます。

目を閉じると父のことが思い出され、悲しくなるのです。

時間がたてばこの気持ちも落ち着いてくるのでしょうか。
前を向いて少しずつ笑顔を取り戻せて行けたらと思います。
頑張ります!!
[2017/04/23 09:54] | URL | YUMI #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yumiyumimayu.blog.fc2.com/tb.php/412-bf9eb6d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |